やっと此処まで フゥ❗

スギナの根をコツコツ掘り取って(と、言っても極一部の場所ですが、
畑友達の方にも手伝っていただき掘り取りました)サツマイモ、落花生、
オクラ、四角豆、マクワ、ズッキーニなどを植えました。
「裏の畑」と呼んでいる畑の全貌です。

植え付けに間に合わなかった所は黙ってマルチで蓋をした❗
と言うわけです。

一番右がキュウリです。うどん粉病に強いフリーダムとよしなりです。

その次がナスですが、飛天長と黒福です。
飛天長は美味しくて柔らかい長ナスの王様です。
黒福は綺麗な、いかにもナス❗という見映えで味の良いジューシーなナスです。

端には(一番手前)後から頂き物のカンピョウを植えています。
昨年営農の貸し農園で、一緒に指導員をしてお世話になった方からの頂き物です。

その次はサトイモです。
一部芽が出ていますが、これは親芋を逆さにして植えています。
やはり植えた芋が親芋で大きいから力強いです。

右端手前は、食べようと思ったらもう芽が出て食べられなかったので
残渣置き場に捨てたら、こんなところにジャガイモが!という感じで
育ってしまいました。

 

サトイモの隣はヤーコンです。
寒さとほったらかしとで全滅かと思って、アンデスの雪という苗を
2本買いました。
でもかわいいものです、残っていました!
サラダオカメです。これは甘くて美味しくてお気に入りですが、ちょっと
油断して失ったかと思ったけれど、答えてくれました。
アンデスの雪は肉が白くてきれいですが、ちょっとオカメさんよりは
甘みが薄いようです。

続きにはヤマノイモを植えています。6月8日現在まだ芽は出ていません。
勝手に生えた赤シソも引くのはかわいそうなので、残っています。

その次はショウガとウコンです。
近くによると一部芽が出ているのですが、まだ藁に隠れてよく見えません。
金時ショウガですので、酢漬けにしようと思っています。
ウコンは干して粉末にして、料理に使ったり飲んだりしようかなあ。

その次は大根と人参、蕪です。
大根は三太郎という名で好きな大きさで収穫できます。
人参はベーターリッチと黄御所で、その真ん中に蕪の耐病ひかりです。
人参と蕪はとても相性がよく、どちらもそれぞれの匂いで虫を遠ざけます。
人参に来るアゲハチョウはかわいいのですが、子供の時はなかなかの大食漢で、
人参の葉が筋だけになってしまいます。

大根の隣はトウモロコシのソフトクリンです。
間には枝豆の極早生茶豆を植えています。
昨年もこんな感じで植えていて、アライグマに全滅させられたのですが・・・・。
むこうの端にはスティックセニョールという
茎ブロッコリーを植えています。
これも初めてですが、ニンニク友達の小倉さんにもらいました。

その次の畝は居残り組のブロッコリーと赤シソです。
なぜ居残り組を作ったかというと、キャベツやブロッコリーは切り口の下から
また新芽を出して、肥料をやって新芽の強そうなの1本~2本にして育てると
もう一度収穫が出来る・・・という実験をやっています。
あ、玉レタスもOKでした。

この3筋はサツマイモで、右からシルクスイート、安納芋、
パープルスイートロードとフルーツこがねです。

シルクスイートは今年初めて植えます。
たまたま行ったホームセンターで、予約を受け付けていたので買いました。
焼き芋にするととても美味しい、憧れの品種です。

パープルスイートロードは30本買ったのですが、植えた次の日に見ると
なんと、半分くらいになっていました。
カア子ちゃん達に遊ばれたようで、土の上に出たところからぽっきりと
食いちぎられていました。
てるばあちゃんの野菜は美味い!とカラスたちのうちで評判になっているのかも。
まだ植えたばっかりで食べるのは早い!!

欠株のところに、買ったのを忘れていたフルーツこがねを植えました。
カア子がもう1種類届くのを覚えていたのかしら?

ベニはるかは営農の貸農園にうえています。

(後で貸農園の方もお見せしたいと思います。)

サツマイモの次は落花生です。
これはポットで育て、6月6日に植えました。
かなり土寄せをしないといけないので、畝は広くマルチをしていません。
燻炭でちょっとマルチですがよく頑張って草引きをしなくちゃ!

その次の畝は6月蒔きのトウモロコシを植えるつもりです。
まだ種蒔きはしていません。

これはオクラとむこうの端の垣をしているのは四角豆です。

オクラは3本一穴で植えています。
こうするとちょっと弱い木勢になるので、実が固くなるのが遅いです。
丸オクラですから取り遅れても少しは猶予があるのですが、それでも毎日
取りに行けるかどうかわからないので、このようにしています。
グリーンのオクラと、少し薄い色の白オクラです。

四角豆も最盛期にはとてもたくさん生るので、楽しみです。
天ぷらが一番美味しいと思うのですが、毎日天ぷらはねぇ・・・・。
あとは炒め物や、取り遅れて固くなれば豆で食べるという手もあるかも。

一畝空けて左端に見えているのは唐辛子類です。
いくらでもたくさん生るよ!と言われて種を蒔いたヒモ唐辛子をはじめ、
シシトウ、カラーピーマン、デカチャンプなど、植えています。

そのむこうに高くそびえているのはトウ立ちしたリーフレタスで、キャベツの
お守りをしてもらっています。
キャベツのそばにレタス類を植えると蝶が寄って来にくいというので
玉レタス、焼き肉を巻いて食べるチマ・サンチュ、塔の立ってしまった
レッドウェーブを植えています。
全く寄って来ないかというとそうでもありませんが、青虫は少ないです。
もっともレタスやキャベツが小さい時は、やはりネットの方が効果的でした。

カボチャ3種、手前からプッチーニというミニカボチャ、スープ用のバターナッツ、
ラグビーボール型のロロンです。葉っぱではあまりよく見分けが出来ません。

そのむこうに茂っているのはまだ掘っていないジャガイモたちです。
掘った跡地はカボチャたちにのびのびと使ってもらうつもりです。

まだ蔓が出ても巻き付くところがない、かわいそうなズッキーニです。

メロンのキューピットと月のしずくです。
これもまだ巻き付くところがありません。

マクワ瓜の金太郎と銀閣とバナナマクワです
お隣の田んぼの麦わらを待っています。

お隣の麦畑です。
ほんとにもうすぐ収穫です。
コンバインが動いたらすかさず麦わらをもらいに行って、待ちかねている
ズッキーニやメロン、マクワ瓜、カボチャたちに敷いてやります。

 

西の畑です。

プランターに植わっているのはトマトたちです。昨年の実験に使った容器で
土はすべて入れ替えました。
大玉2種類と中玉とミニ2種類です。
アーチの上には透明なビニールの雨除けをしたいのですが、まだ出来ていません。

隣の畝はネギに抱っこされ、ワライラズを敷いたスイカです。
2本はダメになりました。残念です!

その隣はもうすぐ収穫かなというトウモロコシ、ゴールドラッシュです。
穂包みが良く、締まっているためアワノメイガが入りにくいそうです。
それに低温下での初期生育が良いので、早蒔きがしやすい品種です。
ポットで育てました。

 

営農の貸農園です。

昨年肥料入りという触れ込みだったにもかかわらず、畝によっては肥料が
うまく混ざっていなくてほとんど収穫が出来なかった方も、今年は自分で
肥料を選んだり、竹でアーチを作ったり杖を作ったり、頑張っておられます。

私もベニはるかを植えました。
ちょっと苗より畝の方が余ったので、蔓が伸びてきたら切って
植え増しする予定です。

これは晩生のひょうたん型のカボチャです。
9月頃からそろそろ生りだして、次から次へと生っていく種類です。
これも畑友達から種をもらったので、名前はわかりませんがとても
美味しいカボチャです。

 

野菜の苗ばかりの写真でちょっと疲れました。
今の家の前の花たちです。

一度は草引きをして少しすっきりしていたのですが、またまたスギナとドクダミに
覆われています。
隙間から花が顔を出しています。

エキナセアです。

アイリスとルドベキアです。

ルドベキアがあちこちに種が飛んでひろがっています。

あと、ハーブのボリジやカモミール、パセリなども花を咲かせます。

 

今年は初めから足腰が痛く整体院に通っていて、なかなか作業がはかどらず、
もう畑は無理かなあと弱音を吐いていましたが、いろんな方に励まされたり
手伝ってもらったりしながらここまで出来ました。

励ましてくださった方、お手伝い頂いた方、ほんとにありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-06-08 | Posted in お庭の花, 未分類, 農業, 野菜作りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment