コットンサミット開催

兵庫県加古川市でコットンサミットが開催されました。

わが町加古川市は、江戸時代末期に綿の大生産地だったそうで、作られた木綿は江戸で
評判になり、多額の借金をかかえていた姫路藩の財政を救ったと言われています。

その木綿を使って靴下産業が発達したのですが、近年は外国の安い製品が取って変わり、
段々と衰退していく事になってしまいました。
志方町にもたくさんの靴下製造の工場が有ったのですが、今では数も減り、寂しい結果と
なってしまいました。

最近わが町志方町では営農組合が力を入れて、もう一度郷土を元気にしたいと、綿の栽培を
通じて色々な催しに力を注いでいます。

2017全国コットンサミットin加古川(www.city.kakogawa.lg.jp)

 

貸農園もやっています。

コスモス祭りもやっています。

講師さんを招いて研修会もやっています。

元気な加古川市を、元気なわが町志方町をもう一度とみんな頑張っています。

山陽道加古川北インターから南へすぐの町です。
また中国道加西インターから30分くらいですし、南は阪神高速から
加古川バイパスに入って加古川西インターを降りて北へ10分くらいの位置にあります。

加古川市では最近、大型の病院施設も増えています。
住みやすい温暖な土地柄ですし、市の方では空き家もあっせんしてくれるようです。
山あり川あり、ちょっと行けば瀬戸内海にも近いです。

あ、加古川市ではアナゴが美味しいんですよ。
専門店もあります。


そしてB級グルメのかつ飯も・・・・

 

すぐ隣には国宝姫路城もありますし、先年大河ドラマで有名になった、
黒田官兵衛の奥様、光姫(てるひめ)様の実家も志方町にあります。
お墓もありますので、私もお参りさせていただきました。

 

このブログをご覧になった皆さま、ぜひ一度お越しくださいませ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-11-18 | Posted in 地域交流4 Comments » 

関連記事

コメント4件

 ドロン | 2017.11.27 14:02

35年前、銀行やさんを通じて5本指靴下を作るように言ったが作ってくれなかった。今では5本指靴下はだれでも履いている。
あの時作ってくれていたら発展していたんではないかな?最近何処ともアナゴが取れなくなりましたね。

 てるばあちゃん | 2017.12.14 14:12

ドロンさん、5本指の靴下、とても履きやすいです。もっとあちこちに言えばよかったですね。
志方は靴下屋さんが当時はまだ一杯あったのにね。
水虫対策にも良いし、踏ん張りも効くし、綿素材であればほんとによかったのにね。

アナゴも美味しいですねぇ。なんでも食べる魚の様で、聞いた時は一歩引きましたが・・・(笑)

 ドロン | 2018.01.09 13:53

靴下の話!介護されている人から頼まれました。楽に靴下はかせる道具作ってくれと!
考えたら靴下を改良すれば解決すると思います。どこか靴下工場をご存知ですか?
おしめのようにマジックテープで留めれればよい、ズボンも同じようにすればできる。

 AIARUYASAI | 2018.01.09 19:58

ありますよ。靴下屋さんなら。
うちの部落にも1軒あります。
今度ご紹介しますよ。

Comment





Comment