今年も始まる!

2018年我が志方東営農組合のワークショップが始まります。
志方は昔綿の産地で、靴下製造業が発達しました。

最近また綿を作り産業を復活させたいと、営農組合を通じて貸農園や、綿花栽培が行なわれるようになりました。

昨年は私も畑を借り(我が家にも畑があるにもかかわらず)、カボチャ、サツマイモ、玉ねぎ、ジャガイモ、唐辛子などを栽培しました。

2017年貸農園のカボチャ

 

2017貸農園のサツマイモ掘り

 

2017年11月~12月収穫の玉ねぎです。
8月末に小さな球根を植えました。

 

秋ジャガ芋です。品種はデストロイヤーとシャドークイーンです。

 

シャドークイーンは濃い紫のジャガイモです。目に良いと言われるアントシアニンが多いです。

 

ワークショップに参加していただいた方たちに植えてもらった綿です。

テディベアみたいな色の綿花です。

こんな薄緑の綿という品種もあります。

 

 

収穫祭に集まった人たちに芋煮などお昼ご飯をふるまいました。
皆さん美味しくて、お変わりする人が多かったです。

大きなお鍋に3杯作ってふるまいました。
その他に、営農の人たちが作った、キャベツや白菜、ニンジンや大根を持って帰る人もたくさんおられました。
きっと、おうちの方たちもおいしく召し上がっていただいたことと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-04-25 | Posted in 地域交流, 農業, 野菜作りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment