何とかなる!種を蒔けば。植えておけば。

人参は芽の出にくい野菜です。
でも種を蒔いて水さえしっかりやっておけば何とかなるものです。
ただし、芽が出るまで半月くらいかかります。

芽が出だしたニンジン(4月18日種まき)

スギナの方が目立ちますが、小さな芽が出ています。

種を蒔いた後、土を薄くかけ、拳でトントンと叩いて回ります。
土と密着している事が大事です。
そして芽が出るまで乾燥させないのがコツでしょう。

4月21日に種を蒔いたツルなしインゲン

後から蒔いたツルなしインゲンです。
いんげんは種を蒔いたときに水をたっぷりやっただけで、途中で1回雨が降りました。

この畝にはもうすぐトマトを植える予定ですので、インゲンには端の方に寄ってもらっています。

300㎡ある畑なのですが、半分を今年は友達に貸していますので、いつもよりスペースが少ないので
こんな風に共存してもらうことにしました。

4月18日に蒔いたミニ大根

この畝も、5種類の種を蒔いています。
小松菜、コウタイ菜、レタスミックス、ミニ大根、ニンジンです。
いろいろな野菜を一緒に植えると、相性の良い組み合わせと、悪い組み合わせがあるので
注意が必要です。

 

ネットの中で大きくなっている、ちょっと草引きしてほしい大根

これは3月4日に蒔いた小ぶりな大根です。
虫や鳥に食べられないようにとネットをかけています。
春先は野鳥が食べ物を探しに畑にやってきて、手当たり次第に食べていきます。
ネットをかけているとつい草引きが面倒で、こんなに草に埋もれるようになってしまいました。

4月26日に植えたカボチャ(ロロン)

先日植え付けたカボチャです。
しっかり根付いたようです。
もうしばらくこのまま育てます。
ツルが伸びそうになってきてから、外の袋行灯を取り外します。

プランターで育つ残り苗の玉ねぎ、(アトン)

プランターで玉ねぎの苗を作っているのですが、小さな苗が残ります。
そのままプランターに残しておくと、結構食べられるくらいの玉ねぎが採れます。
1月末に畑の玉ねぎと同じように、追肥をしてやりました。

昨年は学研から出ている「野菜だより」という雑誌に、うちの畑の様子を1年間載せてもらった
のですが、その本には時々面白い記事が出ていました。
ぐーたら農法とか、夏野菜仕立ての新常識とか・・・・
私はそのぐーたら農法がとても気に入りました。
私もぐーたらですから。

もうすぐスイカの苗が届きます。
夏はスイカがなくちゃ!!
楽しみにしています。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-04-30 | Posted in 農業, 野菜作りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment