大阪の小学生による野菜収穫体験!

今日も鬱陶しいお天気で、畑はお休みです。
最近の畑情報を書いてみたいと思います。
まず、楽しかったことから書いてみます。

いつも私の野菜をかわいがって食べてくれる加古川のお友達から「大阪の孫が夏休みの宿題に収穫体験談を書きたいと言っているので、野菜の収穫の仕方や収穫の適期を教えてやってほしい」と電話があり、早速おばあちゃん(私の友達です)と高学年のお兄ちゃんと低学年の女の子がやってきました。

KIMG0297
お兄ちゃんはミニトマト収穫の係だったけど、ちょっと飽きてきて妹のお手伝い。
女の子は枝豆の係で、最初は膨らんだ豆の莢を1つずつ収穫していたのですがなかなか捗らず、豆の木を鎌で刈りとって葉を落とし、持って帰ってから掃除をすることになりました。

カエルがいる!と言って追っかけたり、ミミズはいるの?と聞いたり、それはそれはにぎやかでした。カエルたちも(ツチガエル)いつもと違うので、せっかく畑の水たまりで泳いでいたのに必死になって逃げまわっていました。

 

KIMG0298
おばあちゃんは必死になってツルありインゲンと大格闘中!
しばらく前に台風が来て畑が水に浸かってしまいました。二日ほどして水が引いたのですが、なかなか畑に入れず、インゲンを収穫していませんでした。
いや、インゲンだけじゃなく、キュウリもナスもトマトもオクラもです。

 

KIMG0300
二時間くらいかかって収穫した野菜たちです。
その間、女の子は履いていた靴も足も泥んこで、おばあちゃんは滑って転んでスカートが泥だらけ!
お兄ちゃんはしっかり長靴を履いてきたのですが、それも泥だらけ。
水の溜まっているところに豆の葉っぱを敷いたりしましたが、畑が浸かって三日目の午前中だったのでまだ土が軟らかく、足を取られて大変でした。

でもそんなことが子供には面白いんでしょうね。
泥をはねながら走り回っていました。

人参も曳いたのですが、雨の後にも関わらず根元で葉っぱがちぎれて人参が残ってしまったり、そんなことが街の子には面白かったようです。

 

KIMG0302
収穫物を前に記念撮影です。

面白体験記が書けると良いね!
第2弾で植えたトウモロコシのバニラッシュ(クリーム色)は美味しかったでしょうか?

 

 次はしんどかったこと。

畑の畝を南北畝から東西畝に模様替えしようと思います。
どうしたら一番使いやすいか・・・いろいろ考えた結果、西側の畔をうまく使えば空いた畝だけでも耕耘できる!そうすれば備中鍬でかじく必要がない!・・・ということで空いているところから東西畝にしていくことにしました。
気を付けて南側の畝に背の高いものさえ植えなければ日陰になることも無い。

KIMG0307

冬野菜はそんなに背の高くない野菜ばかりなので、とりあえずお試しに人参から種を蒔きました。

KIMG0308
人参は好日性なので種に土を薄くかけます。
そしてしっかり土に密着させるためにグウパンチで土の上からたたいて回りました。
そしてジョウロで優しく水やりをしておしまい。

春にも書いたけど、最近の人参の種はコーティングしてあるのが多く、蒔きやすいけれど種の数が少ししか入っていない。
Drカロティン、パープルヘイズ、黄御所を一畝に、ベーターリッチと金時ニンジンを一畝に蒔きました。
もう一畝ちょっと時期をずらせて蒔くつもりです。
てるバアちゃんはウサギ年でも馬年でもありません。でも人参が大好きなんです。
人参の色が好き!
ジュースにしても煮ても炒めてもサラダにしても、人参のきれいな色を見ると思わずにっこりが出てしまいます。  うふっ!

 

KIMG0303
スイカ畑にカア子対策のネットを張りました。
収穫体験に来た大阪の小学生とおばあちゃんに手伝ってもらいました。
スイカを収穫したら現物支給でお手伝い賃を払うつもりです。

 

KIMG0305
ネットがちょっぴり小さくて、下に垂れないのでペットボトルで重石を付けました。
それでちょっとましになり、上もピンときれいに張れました。
カア子が歩きにくいように草も伸びたままにしておこうと思います。

昨年まではもっと低くネットを張っていたのですが、それだと私が入りにくい。
真ん中辺のスイカの収穫時期がわからないので何とかしたい!と思っていたところ、ご近所さんのスイカの先生がもう少し低いけれどちゃんと中まではいれるようなネットの張り方をしておられました。
よし!ということで、我が家で昔から稲を架ける竹竿を支える稲木脚というのがあって、それを30㎝くらい短く切って杭に使いました。
長いままだと背の低い私には杭が打ち込めない。
30㎝切ってもまだ届かないので、椅子を持って来て木槌で叩きました。苦労してるのよ、カア子!
そしてネットの真ん中がスイカの上に垂れないように、縄を渡して囲いました。

 

KIMG0312
KIMG0313
KIMG0314
ずいぶん知らないうちに大きくなっていたスイカたち。
スイカの下にスーパーで買い物したときについてくるトレーを裏返し、真ん中に水抜きの切り込みを入れて敷いています。
こうするとスイカのお尻がきれいです。

食べ頃を見つけるのはなかなか大変です。
私はまずスイカの根元の小蔓が茶色くなっていること、そしてスイカの根元が窪んできていること(十分育ってピチピチに張り切っている)、最後にちょっと叩いてみて濁った音がする・・・を目安にしています。

(時には失敗することも・・・ご愛嬌ご愛嬌)


ほんとは受精してピンポン球くらいになってから何日かって見方をするらしいけど、勝手にどんどんなっていくうちのわがままスイカちゃんにそれを適用するのはちょっと難しい。
というより私にそんなデリケートな仕事は向いてない!!
アバウトOKですぅ。

 

KIMG0306
台風にやられたコロタン(ミニメロン)です。
かなり頑丈にしたつもりだったけど、垣の上にスズメがよく止ってコロタンが糞まみれになるのが嫌で、足に絡まるから止るな!というつもりでネットを架けました。それが悪かったようで、風を遮るものがない上にネットが風を含んで倒れたようです。
そして!・・コロタンが生っていたから垣に結びつけた・・・・・垣が倒れた時コロタンの根が引っ張られて切れたみたい。
そしてコロタンは私の口に入る日を待たずにお陀仏でした~!

ま、地面が硬くて杭がさほど地中に入っていなかったのも・・・・・。
コロタン、ごめんなさい。

 

KIMG0311
バナナマクワです。
バナナのような甘い香りのマクワウリです。・・・と書いてありました。
昨年も植えたのですが、私の口には入りませんでした。
早くにうどんこ病が出て、枯れてしまいました。

KIMG0310
タイガーメロンです。
うちでは種を取らなかったのです。そしたら今年はこのメロンの種売ってない。
姉がとても楽しみにしていたのでどうしようかと思っていたら、昨年苗を差し上げた方が「タイガーメロンの苗余っているで!植えてか?」と言って持って来てくださいました。
あぁ、やっぱりあちこちに美味しいものの種はばら撒いておくことやなぁ、と感激しました。

タイガースのように濃い緑色に黄色の縞が入ったとても美味しいメロン系のマクワです。

バナナマクワもタイガーメロンも熟してくると触っただけでポロンと木から実が離れます。
それが収穫の目安です。
そして二日くらい追熟させると本当に美味しくなります。
いくらでも食べられます。ごはん代わりに食べることもあるくらい、美味しいです!

ではまた、美味しいもの談義をしましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-07-22 | Posted in 地域交流, 楽しい食事1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 AIARUYASAI | 2015.07.30 18:08

頑張ってますなあ・・・(*’▽’)

Comment





Comment